石の上にも三年。毎日コツコツ勉強。

ゼブラの新作シャーペン。MYteeGRIP(マイティ・グリップ)のレビュー!

 
スポンサーリンク




この記事を書いている人 - WRITER -
yasu
現役薬学生のyasuです。 初めてブログ投稿しますが、よろしくお願いします! 主に洋楽、EDM、文房具、勉強法などの情報を発信していきます! また、心理学にも興味があるので、日常で役に立つ心理学の知識を記事にしていきたいと思います。

ゼブラの最新作シャーペン。MYteeGRIP(マイティ・グリップ)のレビュー!

 

今回はZEBRA|ゼブラ株式会社から新発売されたシャーペン、MYteeGRIP(マイティ・グリップ)の紹介をしていきたいと思います。

多機能シャープを除いて、2016年に発売された「デルガードタイプER」以来、新作のシャーペンはなんと約3年ぶり!

久しぶりに発売されたシャーペン、マイティ・グリップ書き心地グリップについての感想をお届けしたいと思います。

 

 

MYteeGRIP(マイティ・グリップ)の概要

 

本体セット ※シャーペン本体とグリップバンド一つが付属。

  • 値段 660円
  • シャープ芯 0.5mm
  • サイズ 全長140mm×最大径12.2mm
  • 重量 8.4g
  • カラーバリエーション ブラッグ、ライトブルー、コーラルピンク

 

 

専用グリップバンド

  • 値段 165円
  • サイズ 最大13.5mm×全長200.0mm
  • カラーバリエーション ブラッグ、ブルーグリーン、コーラルピンク  限定色 イエロー、ホワイト

本体セットと専用グリップはどちらもWETタイプDRYタイプがあり、どちらも上記の値段。

マイティ・グリップの詳しい情報はコチラ!

 

スポンサーリンク




 

グリップの特徴

マイティ・グリップの最大の特徴であるアレンジできるグリップについてみていきましょう。

 

今回私が購入したもの

  • 本体セット ブラッグ(WETグリップ付属)....660円
  • 専用グリップバンド イエロー(DRY)とホワイト(WET)....165円×2=330円

計990円

マイティグリップの最大の特徴でもある、アレンジできるグリップ

自分の好きな色を組み合わせたり、グリップをDRYWETで選ぶことができます。また、巻き方も自分なりに試行錯誤できるという事が最大の魅力です。

このシャーペンは2020年度から現在のセンタ―試験が記述式になることが背景にあり、「一人一人にあったシャーペンを使いましょう。」というコンセプトのもと開発されたらしいです。

他のメーカーにはないユニークなアイディアで、シャーペンマニアにとってはワクワクさせられる商品ですね!

 

実際にグリップを巻いてみた。

今回は最高難易度の「ボーダー巻き」を試してみました!  

ホワイト(WET)×ブラッグ(WET)

「ボーダー巻き」は二種類のグリップバンドを重ねて巻く方法で、意外と難しかったですw

それでは「ボーダー巻き」の仕方を手順を追って説明していきます。

 

 

手順1.グリップのテープをはがす

 

 

手順2.両面テープのシールをはがす

今回は、ホワイトのグリップブラッグのグリップを重ねてボーダー柄にするので、ブラッグのグリップの両面テープを先にはがします。

 

 

手順3.グリップを重ね合わせる

手順2ではがした両面テープの面をホワイトのグリップに重ね合わせる。これが結構難しいです。

 

 

手順4.グリップを巻く

グリップの☆星マークにグリップの端を合わせて、少し引っ張りながら巻いていきます。

ポイント

シャーペンのグリップに彫られている溝に沿って巻くとキレイに巻けますよ!

 

 

手順5.グリップのラバーをかぶせる

黄緑色のラバーをグリップバンドの固定部に被せたら完成!!

グリップの詳しい巻き方はコチラ!

 

スポンサーリンク




 

MYteeGRIP(マイティ・グリップ)の評価

書き味

コスパ

デザイン

書き味

⇒グリップの太さによりますが、滑らずに握りやすいです。しかし、グリップの消耗が心配ですね。なめらか寄りで意外とカリカリとした書き味です。個人的にクルトガよりはこっちの方が書き味は好きです!

コスパ

ハッキリ言って少し高いという印象です。グリップをアレンジしようと思えば、専用グリップバンドを追加購入しなければいけないので最低でも、税込825円もかかります。ペン先はプラスティックで安っぽい感じがします。

デザイン

⇒グリップを自分なりにアレンジできるので、デザインはカッコよくできます!今後、新色のグリップが発売されると思うので、色は自分の試行錯誤でよりよくできるのが利点です。

マイナス点は全体的にプラスティックでできているので安っぽい感じは否めません。

 

 

まとめ

今回はZEBRA|ゼブラ株式会社から新発売されたシャーペン、MYteeGRIP(マイティ・グリップ)の紹介をしました。

今までにないユニークなシャーペンです。是非、文房具店などに行って、試し書きしてみてください。

勉強のモチベーションを高めるような、最新の文房具やシャーペンを中心に紹介をしていきたいと思います。

今回も本記事をご覧いただきありがとうございました!

 

スポンサーリンク




 

この記事を書いている人 - WRITER -
yasu
現役薬学生のyasuです。 初めてブログ投稿しますが、よろしくお願いします! 主に洋楽、EDM、文房具、勉強法などの情報を発信していきます! また、心理学にも興味があるので、日常で役に立つ心理学の知識を記事にしていきたいと思います。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© YASU Blog , 2019 All Rights Reserved.