石の上にも三年。毎日コツコツ勉強。

初心者が聴くべき、Oliver Heldensの定番EDM15選!

2020/04/29
 
スポンサーリンク




この記事を書いている人 - WRITER -
yasu
現役薬学生のyasuです。 初めてブログ投稿しますが、よろしくお願いします! 主に洋楽、EDM、文房具、勉強法などの情報を発信していきます! また、心理学にも興味があるので、日常で役に立つ心理学の知識を記事にしていきたいと思います。

初心者が聴くべき、Oliver Heldensの定番EDM15選!

皆さんはEDMを聴きますか? EDMという言葉を耳にしたことがある方は多いかもしれませんが、日常的に聴いているという方はまだまだ少ないのではないでしょうか。

私の周りでも、聴く人は少ないように思えます。今現在は日本国内では「Official髭男dism」「米津玄師」「あいみょん」「RADWIMPS」「Mrs.GREEN APPLE」などのアーティストがすごく人気がありますね。

(※私はほとんど洋楽しか聴かないので、あまりわかりませんがw)

しかし、近年ちらほら、「The Chainsmokers」「Marshmello」を聴く、という方も多く人気も高まっているようです。そこでEDMの良さを知ってもらうべく、まだまだ成長中のEDM音楽プロデューサーを紹介したいと考えています。

そこで今回は世界に視野を広げ、人気急上昇中のDj兼音楽プロデューサーのOliver Heldens(オリバー・ヘルデンス)人気のある定番EDMを紹介していきたいと思います!

 

 

 Oliver Heldens とは?

https://twitter.com/KISSFresh/status/1183849961680769025

 

オランダ出身のEDM音楽のプロデューサー兼Djで、音楽レーベル「HI-LO」を立ち上げています。

EDMにも様々なジャンルがありますが、主に彼の曲はFuture house (フューチャー・ハウス)というEDMジャンルに入ります。これは、名前の通り未来、先進感のあるエレクトリックな音が特徴のEDMです。

Tchami(チャミ)Don Diablo(ドン・ディアブロ)とともにFuture house のジャンルを切り開いたDjと言っても過言じゃありません。

最近、DjMagが発表した2019年Top 100 Djsでは7位にランクインしています。昨年から二つ順位を上げ、現在でも人気が上昇していることがわかりますね。

彼の曲の特徴としては、リズミカルな曲が多いという印象です。一度聴いたら頭に残るようなリズムですよ。

 

スポンサーリンク




 

1.「Turn Me On」

 

2019年にリリースされた、Riton(リットオン)とのコラボ最新曲

今一番人気急上昇中の曲で、YoutubeのMVは再生回数がどんどん伸びています。この曲の特徴としては、「Dr Love」の後の一定のリズムと高音のメロディーが特徴的です。

一度この曲を聴いたら、メロディーが忘れられませんね。

また、MVも看護師などのノリノリ、キレキレダンスは見所です!

 

 

2.「Fire In My Soul」

 

2018年にリリースされた曲。ヴォーカルを努めているのはアメリカ出身のシンガーソングライター、アレクサンドラ・ガバです。

この曲は2018年の彼の代表曲で、ドロップの「Fire In My Soul」の部分はガバの歌声とオリバー特有の重低音とよくマッチしていて、オシャレでかっこいい曲です。

 

 

3.「This Groove」

 

2019年にリリースされたLenno(レノ)とのコラボ曲。

ドロップの弾むような重低音が特徴的で、このリズムがオリバー特有の重低音、オリバー節だと感じる曲です。オリバーヘルデンスの曲の中でも人気の曲で、「Gecko」の次に人気がある印象です。

EDMをあまり聴かない人には、是非一度聴いてもらって魅力が伝わると嬉しいです!

 

スポンサーリンク




 

 

4.「Summer Lover」

 

2019年に、アメリカの音楽プロデューサーNile Rodgers(ナイル・ロジャーズ)Devinとのコラボでリリースされた曲。

オリバーの曲の中でも、静かでゆっくりなテンポの曲で、一番オシャレな曲だという印象です。ゆっくり休みたいときにさらっと聴ける曲ですね!

 

 

5.「The Right Song」

 

2016年にリリースされたオランダ出身のDj、ティエストとのコラボ曲。この曲もオリバーの名を広めるきっかけとなった曲だといえるでしょう。

その人気は高く、Youtubeでの再生回数はなんと約3800万回!いかに人気の曲なのかという事がわかりますね。

この曲の魅力はドロップでのリズムです。思わずノリノリなってしまうようなメロディーも非常にマッチしています。

 

 

6.「Bunnydance」

 

2016年にリリースされた曲。この曲も彼の曲の中で人気が高く、個人的にもお気に入りの曲です。

ドロップの弾むリズムが最高にかっこよく、EDMの迫力が伝わってくる作品です。

イヤホンやヘッドホンで聴くと重低音がよく聞こえて迫力が増すので、オススメです!オリバーヘルデンスの曲の魅力がまとめられた曲だといっていいでしょう。

 

 

7.「Men On Mars」

 

2017年にオリバー・ヘルデンス自身の音楽レーベル「HI-LO」からリリースされた曲。HI-LOの曲の中でも有名な曲で、冒頭から始まる電子音が特徴的です。この電子音がドロップとなっていて、シンプルだけどかっこよくまとめられた曲だという印象です。

 

スポンサーリンク




 

 

次のページへ

固定ページ: 1 2

この記事を書いている人 - WRITER -
yasu
現役薬学生のyasuです。 初めてブログ投稿しますが、よろしくお願いします! 主に洋楽、EDM、文房具、勉強法などの情報を発信していきます! また、心理学にも興味があるので、日常で役に立つ心理学の知識を記事にしていきたいと思います。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© YASU Blog , 2019 All Rights Reserved.