石の上にも三年。毎日コツコツ勉強。

洋楽を聴き始めて6年。私が選ぶ、リラックスできる洋楽10選!

2020/02/13
 
スポンサーリンク




この記事を書いている人 - WRITER -
yasu
現役薬学生のyasuです。 初めてブログ投稿しますが、よろしくお願いします! 主に洋楽、EDM、文房具、勉強法などの情報を発信していきます! また、心理学にも興味があるので、日常で役に立つ心理学の知識を記事にしていきたいと思います。

洋楽を聴き始めて6年。私が選ぶ、リラックスできる洋楽10選!

 

皆さんはいかがお過ごしでしょうか?

受験生なら毎日勉強、お仕事をしている方なら毎日朝早くから夜遅くまで働いていると思います。お疲れ様です!

そこで今回は、一日の終わり、仕事・勉強で疲れて家でゆっくり休みたいという時に聴ける、オススメの洋楽を紹介したいと思います。

是非、お茶でも飲みながらゆっくり聴いてみてください。

スポンサーリンク




1.Maroon5   「Memories」

最近リリースされたMaroon5最新曲。約一年半ぶりの曲だそうです。

アダムのマネージャーだった「ジョーダン・フェルドスタイン」が2017年に40歳の若さでこの世を去りました。

その彼のマネージャーに捧げる曲で、歌詞にも深い意味があり、アダムがマネージャーとどれだけ長い時間一緒に過ごしてきたかが伝わってきます。

是非、Youtubeの日本語字幕をONにして聴いてみてください。

曲の印象としては、落ち着きがあり、時間の流れを忘れてしまいそうです。構成はギターとアダムの声でとてもシンプルです。

MVに至っても、アダムの顔がアップで写っているという今までで一番シンプルなMVですね。

2.twenty one pilot   「Stressed Out」

2015年にアメリカの二人組ロックバンド、twenty one pilot(トゥウェンティー・ワン・パイロット)がリリースした曲。冒頭からゆっくりとしたテンポでオシャレな曲調です。

歌詞に注目すると、「純粋な子供から大人になっても不安だらけで、ストレスまみれだ」「大人になって汚れてしまった」というようなことを嘆いている曲です。なかなか意味が深いですね。

3.Jamiroquai   「Cloud9」

2017年にリリースされたJamiroquai(ジャミロクワイ)の曲。曲のイメージはゆっくりしていて、大人の曲といったイメージ。

個人的に夜景が似合う曲だと感じました。

また、世界仰天ニュースのエンディングとしても使用されていましたね。Virtual Insanityの次にオススメの曲です!

4.Snakehips   「All My Friends」

2015年にリリースされたイギリスの電子音楽デュオ、Snakehips(スネイクヒップス)の曲。

曲の印象は寝るときに最適の曲と言っていいでしょう。非常にテンポがゆっくりで心が休まる曲です。

また、どこかユニクロで流れていそうなイメージの曲だと思いました。私の友人も「ユニクロで流れていそう」と言っていましたw

ちなみに、私がこの曲と出会ったのは、Music BoxのFMで偶然発見しました。疲れて家に帰ってきたときにゆっくり休みながら聴きたい一曲ですね!

5.Doobie Brothers   「What A Fool Believes」

1978年にDoobie Brothers(ドゥービーブラザーズ)がリリースした曲。洋楽をあまり聴いたことがない人は知らないかもしれませんが、かなり有名な曲です。

日本でもラジオやテレビなど様々なメディアで時々使用されています。なので、私はまだ洋楽に興味がなかったころでも、聞き覚えがある曲でした。

レトロだけどオシャレで、ゆっくり休みたいときに聴ける曲です!是非、一度聴いてみてください。

スポンサーリンク




6.Lulas Graham   「7Years」

2015年にリリースされたLukas Graham(ルーカス・グラハム)の曲。洋楽にあまり興味のない方でも一度は耳にしたことがある方は多いはずです。

彼の特徴的な歌声が個人的にもお気に入りです。この曲の歌詞についても感動する内容で、一人の少年の人生をのストーリーを表している歌詞です。是非、日本語訳の歌詞も調べてみてくださいね。

ちなみに、この曲は2017年にグラミー賞(最優秀レコード賞)を受賞しているそうです。

7.Daniel Powter   「Bad Day」

2009年にカナダのミュージシャン、Daniel Powter(ダニエル・パウター)がリリースした曲。

もう、今となっては日本でもある程度知名度がある曲だと思います。落ち着いた曲調で嫌なことがあった時に聴く、「癒しソング」として知られるようになりましたね。

皆さんも是非、嫌なことがあったりしたときは聴いてみてください。

8.Sam Smith   「Stay With Me」

2014年にイギリスのシンガーソングライターSam Smith(サム・スミス)がリリースした曲。

もう、説明することが不要なぐらい日本でも認知度の高い曲ですね。サビの「Stay With Me~♪」のフレーズはラジオやテレビでも一度は聴いたことがあるはずです。彼の非常に高く、透き通るような美しい歌声が印象的で他の曲にはない落ち着いた印象を受けます。

個人的にお気に入りの曲は、その他にも「Too Good At Goodbyes」があります。この曲も比較的、静かで落ち着く曲です。

Sam Smith   Too Good At Goodbyes

9.Avicii   「Ain’t A Thing」

2019年にリリースされたAvicii(アヴィーチー)の曲。曲の冒頭から非常に落ち着いた印象で、ゆっくり休みながら聴ける曲です。

この曲の歌詞には

「When the record's on the final song」(最後の曲のレコーディングが終わった頃

「And the parties will be long, long gone」(パーティーはとっくに終わってる

とあり、もうこの世にはいないAviciiの残した言葉のようで、歌詞を読み取るだけでも感動できるような内容ですね。彼の残した曲には「SOS」「Heaven」など割と静かめの曲があるので、是非、確認してみてください。

10.The Chainsmokers   「Paris」

2017年にアメリカのDj兼音楽プロデューサー、The Chainsmokers(ザ・チェインスモーカーズ)がリリースした曲。

日本でも代表曲「Closer」で認知度が急上昇したThe Chainsmokers。しかし、これ以外の彼らの曲を知らないという方も多いのではないでしょうか?

今回紹介する「Paris」は彼らの曲の中でも比較的、大人しめの曲です。しかもオシャレ感のある曲というのが特徴で、コーヒー片手に聴きたくなるような曲です。

まとめ

今回は「お疲れの方」に捧げる洋楽を紹介しました!

是非、今回紹介した洋楽を聴いてゆっくり休んでくださいね。

この他にもいろいろな曲の紹介をしております。今回紹介したリラックスできる曲とは逆に、「元気を出したい!」という方に向けて、私なりに選んだテンションの上がるEDMの記事も載せております。是非、読んでみてください。

テンション爆上げEDMを紹介した記事はコチラ⇒歴5年が厳選!オススメのアガるEDM10選

今回もこの記事を読んで頂きありがとうございます。

スポンサーリンク




この記事を書いている人 - WRITER -
yasu
現役薬学生のyasuです。 初めてブログ投稿しますが、よろしくお願いします! 主に洋楽、EDM、文房具、勉強法などの情報を発信していきます! また、心理学にも興味があるので、日常で役に立つ心理学の知識を記事にしていきたいと思います。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© YASU Blog , 2019 All Rights Reserved.