石の上にも三年。毎日コツコツ勉強。

歴5年が厳選!オススメのアガるEDM10選

2020/02/13
 
スポンサーリンク




この記事を書いている人 - WRITER -
yasu
現役薬学生のyasuです。 初めてブログ投稿しますが、よろしくお願いします! 主に洋楽、EDM、文房具、勉強法などの情報を発信していきます! また、心理学にも興味があるので、日常で役に立つ心理学の知識を記事にしていきたいと思います。

歴5年が厳選!少しマニアックだけどオススメのアガるEDM10選

皆さんはEDMを聴きますか?EDM好きならドはまりすると思いますw

私もかれこれたくさんのEDMを聴いてきましたが、一口にEDMと言ってもたくさんのジャンルがあり、曲のから受ける印象は全く違います。

そこで今回は、EDMの中でも電子音が強く「元気が出る」or「テンションが上がる」EDMを紹介していきたいと思います!

(少しマニアックな曲を選んでおります。)

スポンサーリンク




1.Martin Garrix   「Byte」

マーティン・ギャリックスとブルックスがコラボでリリースした曲。

個人的に一番テンションが上がる曲です!ドロップのバウンス感と低音が最高にかっこいいです!気分爽快したい人には確実にこの曲です。

ブルックスの曲もカッコいいものが多いので是非聴いてみてください。

ブルックスのYoutube チャンネルはコチラ⇒BrooksのYoutubeチャンネルへ

2.The Fat Rat,Slaydit,Anjulie   「Stronger」

2019年にザ・ファット・ラットがリリースされた新曲。ボーカルを努めるのはジンガーソングライターのアンジュリーです。この曲は冒頭部分は静かなアンジュリーに歌声で始まり、ドロップになると電子的重低音に一変します。この重低音が最高にかっこよくテンションMAXになります!

この重低音がサムネイルにあるように巨大なロボットの雲が一歩ずつ足を進めながら侵略してくるようなイメージが湧きます。

彼はDj兼音楽プロデューサーで、数々の名曲を残しています。彼の代表作には「Unity」「Monody」「Fly Away」などがあります。

3.David Guettta,Martin Garrix,Brooks   「Like I Do」  

デイビットゲッタ、マーティンギャリックス、ブルックスと大物DJがコラボしてできたEDM。

この曲のドロップの弾むようなリズムはブルックスを感じさせ、最高にかっこいいです!個人的にByteにドロップが似ていて、本記事で紹介するEDMでByteの次にお気に入りの曲です。

4.R3HAB   「Lullaby」

2018年にリリースされたマイクウィリアムズとのコラボ曲。

R3HABの曲の中でもかなり人気の曲です。この曲の特徴としては跳ねるようなリズムのドロップと対照的にそれ以外の部分は静かめの曲です。なので、ドロップとのギャップがありドロップが非常に引き立っています。

この曲も元気が出るようなパワーを持っている曲ですね。

R3HABのおすすめEDMはコチラ⇒EDMマニア厳選!R3HAB(リハブ)のオススメEDM

5.MATTN   「Jungle Fever」

私が知っている唯一の女性」EDMアーティストのマトンがリリースした曲。

マトンの曲といったら、この曲が私は一番に思い浮かびます。この曲の魅力と言ったらMVの45秒あたりから始まるドロップです。

高揚感のあるドロップが最高にかっこいいです。

彼女はtomorrowlandにも出演していて、イベントにおいても一番盛り上がる曲はこの曲と言っても過言ではないです!

スポンサーリンク




6.Skrillex   「Bangarang」

アメリカ出身のDj兼音楽プロデューサーのスクリレックスが2011年にリリースした曲。彼の作品の代表曲でもあります。

EDMのジャンル「ブローステップ」の父ともいっていいスクリレックスが作ったこの曲は、そのジャンルの通り攻撃的な電子音が特徴的で、一度聴いたらもう耳から離れません。

ドロップは同じ音を連続で重ねて作られており、迫力でいったらどのEDMにも引けを取らない曲です!なので、眠い時や気分転換をしたいときに是非聴いてみてください。

結構激しい曲なので、イヤホンやヘッドホンで聴く方は音量に注意してください

7.Robin Hustin,Tobimorrow   「Light It Up」

2018年にリリースされた、ロビン・ユスタンとtomimorrowのコラボ曲。

この曲は「Light it up..now」の後のドロップが迫力があり、テンションが上がる曲です。なので、イヤホンなどで聴くことをオススメします。ボーカルの歌声にも注目したい一曲です。

名曲だと思いますが、意外と知名度が低く隠れた名曲です。なので、ぜひ知ってもらいたいと思いご紹介させていただきました。

8.Shockone   「Chaos Theory」

オーストラリアの音楽プロデューサーのショックワンが2012年にリリースされた曲。

歌詞がある曲ですが、割と少なめです。この曲のドロップは映画の戦闘シーンで流れてそうな感じで、メカメカしい電子音が魅力的な曲です。

ちなみに私がこの曲を知るきっかけとなったのはレクサスのCMです。テレビで見た瞬間、かっこよすぎると思ったのを今でも覚えています。

Chaos Theoryが使用されているカッコいいレクサスのCM

9.Martin Garrix   「Just Some Loops」

2013年にリリースされたマーティン・ギャリックスの曲。

この曲は彼の曲の中でも少しマニアックな曲ですが、最高にドロップのカッコイイ曲です!

最初の聴いた印象は彼の曲らしくはないと思いましたが、彼が今の地位を築くまでに必ず必要だった曲の一つです。彼が今ほど知名度がなかった時にヒットした曲です。

マーティン・ギャリックスの定番曲はコチラ⇒マニアが厳選!世界トップDj Martin Garrix(マーティン・ギャリックス)のオススメEDM

10.Don Diablo   「Anthem」(We Love House Music)

人気Djドン・ディアブロが2018年にリリースした曲。彼のEDMのジャンルがFuture house という事で、まさに未来感のあるドロップがかっこいいです。ドンさんならではのドロップを感じることができる曲です!

MVに至っても、ロボットになったドン・ディアブロが踊っている未来感のある映像です。また、映像の中には「テレビを購入する」や「六角形」などの日本語の文字が見えますねw映像に出てくるネオンの文字はほとんどが日本語のようで、面白いです。

ちなみに、最近発表されたドン・ディアブロのDjランキングは6位と今実力をつけてきている世界最高峰のDJです。人気急上昇の彼がリリースする今後の作品も楽しみですね。

まとめ

今回は私が個人的にテンションが上がると思っているEDMを紹介しました。

眠い時や気分転換に聴いてみてください。

本記事をご覧いただきありがとうございます!

スポンサーリンク




この記事を書いている人 - WRITER -
yasu
現役薬学生のyasuです。 初めてブログ投稿しますが、よろしくお願いします! 主に洋楽、EDM、文房具、勉強法などの情報を発信していきます! また、心理学にも興味があるので、日常で役に立つ心理学の知識を記事にしていきたいと思います。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© YASU Blog , 2019 All Rights Reserved.